大変な二次会の幹事助け舟

結婚するとき

二次会の司会進行や予定に関して計画を立てる幹事は
二次会当日の数か月前から新郎新婦に希望を聞いて計画を練ります。

当日の二次会のゲームの景品選びにおいても受け持つ事も多く、
参加者にいかに喜んでもらえるかどうかの商品をセレクトするのに奔走します。
特に景品選びにおいて大変な点は予算内に収めて、特賞などの
豪華賞品や小物まで揃える事です。

できれば新郎新婦の希望通りに添うように商品もそろえる為、
幅広い商品知識が必要でもあります。

準備が大変

定番アイテムを好むケースではすんなり決まる場合もありますが、
面白さやウケを追求したい商品を揃えたい場合には
専用業者に依頼するのも良いかもしれません。

幹事の仕事は当日も忙しく、会場チェックから景品の搬入も行います。
いかに参加者に魅力的な商品にうつるかどうかも盛り上がりの
ポイントであり、BGMやパネルなども投入するケースもあります。

最近では幹事の一連の作業が負担がかかるとして新郎新婦が
まとめてプロの業者に依頼するケースも増えています。

景品が楽しみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)