• Home
  • タグ: 二次会

二次会の景品は選べるものがトレンド

好きなもの

二次会でゲームをやった時に、何か当たると嬉しいものですが、
単純に用意されたものをもらうだけだと面白味に
欠ける場合があります。

そこで取り入れておくと良いのが、当たったものの中で、
好きな種類を自分で選ぶことができる目録景品です。

二次会の景品は選べるのがトレンドで、この目録タイプであれば、
掲載されているものの中から自分が好きなものを選んで
注文することができますから、通常のものよりも興味が
湧くことが期待できるものです。

なお、選べるタイプの目録には、お肉やカレー、ラーメンと
いった食べものの他、焼酎、日本酒、ワインといった飲みものもあります。

食べたいもの

また、温泉宿や有名レストラン、エステなどの贅沢な体験の中から
選ぶことができるものもあります。

当たった人の選択次第で、違った楽しみ方ができるわけですから、
注目度の高いアイテムだと言えるでしょう。

この手の景品が当たれば、当たる喜び、選ぶ楽しみ、
体験する楽しみ、といった具合に色々な面白さを味わえて良いものです。

二次会の景品予算の相場について

二次会のゲームなどで余興を楽しみたい人には景品を用意する事で
参加者も大いに盛り上がる事間違いなしですが、そもそもどのくらいの
相場である事が多いかというと、地域差や主催する新郎新婦の
考え方が大きいです。

費用について考える

二次会での景品の費用はどこからくるかというと、新郎新婦で
持ち出して行うケースや会費内で会場費や飲食代にプラスして
景品代も含むケースがあります。

この為、新郎新婦ですべて持ち出して行う場合には予算は
ケースバイケースであり、一部持ち出しで行って会費で
徴収するパターンでも地域によってばらつきがあり、
均一にするのではなく、特賞には3万円近くの豪華な物を
数本、残りは3千円程度のプチ豪華な商品を用意する等、
本数や選ぶ商品によっても予算は色々です。

予算を組む width=

会費から会場費と飲食代を差し引いてマイナスにならないような
予算設定で上手に行っている新郎新婦も多いです。

最近では参加者が会費が高いと参加しにくいという声があり、
新郎新婦で持ち出しを行ったり、余興やゲーム自体を
控える事もあります。

二次会の景品は十分な数を揃えましょう

結婚式を挙げるとき、一般には披露宴を一次会として
フォーマルに開催した後、よりカジュアルに二次会を開くものです。

軽食"

二つのイベントをバラバラに行なう人もいますが、最近では
午前中から昼すぎにかけて一次会を行なった後、同じ日の
夕方から二次会を開催するという場合も多いようです。

二次会の費用は大体が女性6000円前後、男性が6500円前後と
なりますが、決して安くはありません。

参加されるとわかると思いますが、だいたいご飯は品数も少なく
おいしくありません。その費用を押し上げているのが
盛り上げのためのビンゴなどゲームの景品です。

手軽に

大体の場合は旅行券や金券が当たるようにするようですが、
逆に言えば当たらない人は不公平感を感じてしまいます。

特に一次会から参加した人はご祝儀と加えて参加費を
負担することになるため、少なくとも何か渡せる心配りが必要です。
とはいってもゲームを開催することで盛り上がるのも事実です。

そのため、二次会では参加者の数を考えて、景品の数を
十分用意するようにしましょう。

大変な二次会の幹事助け舟

結婚するとき

二次会の司会進行や予定に関して計画を立てる幹事は
二次会当日の数か月前から新郎新婦に希望を聞いて計画を練ります。

当日の二次会のゲームの景品選びにおいても受け持つ事も多く、
参加者にいかに喜んでもらえるかどうかの商品をセレクトするのに奔走します。
特に景品選びにおいて大変な点は予算内に収めて、特賞などの
豪華賞品や小物まで揃える事です。

できれば新郎新婦の希望通りに添うように商品もそろえる為、
幅広い商品知識が必要でもあります。

準備が大変

定番アイテムを好むケースではすんなり決まる場合もありますが、
面白さやウケを追求したい商品を揃えたい場合には
専用業者に依頼するのも良いかもしれません。

幹事の仕事は当日も忙しく、会場チェックから景品の搬入も行います。
いかに参加者に魅力的な商品にうつるかどうかも盛り上がりの
ポイントであり、BGMやパネルなども投入するケースもあります。

最近では幹事の一連の作業が負担がかかるとして新郎新婦が
まとめてプロの業者に依頼するケースも増えています。

二次会の景品の抽選方法は公平になるようにしよう

二次会で幹事の皆さんが悩む点の1つに景品を渡すときの抽選方法があると思います。
不公平だと参加者のブーイングも発生してしまったりで困りますよね。

そこで、二次会での公平な抽選方法をピックアップします。

タイミング

1.当選番号型あらかじめ参加者の皆さんに席番号や出席時に番号を用意しておきます。そして抽選会のタイミングでくじ引き形式で番号を当てて行きます。

メリットは、1アイテムあたり1人の当選率なので誤解がなく景品を渡せます。
デメリットは、先に帰ってしまった方が多いと当選しない番号が発生し抽選に時間がかかる場合があります。

2.ビンゴゲーム型これは王道のパターンですがビンゴカードを配りビンゴが成立した人から順に当選していくと言うものですね。

平等に

メリットは、やはり盛り上がることと、早くビンゴした人から景品がゲット出来ることですね。
デメリットは、中盤あたりからビンゴ成立者が増えていくためアイテムの数よりもビンゴ成立者の方が多くなる場合があります。

この際はビンゴ成立者同士のジャンケンに切り替えると公平感が生まれます。

二次会でのビンゴの景品のおすすめは定番

楽しく過ごす

結婚式や忘年会などの二次会では、お酒を飲んだり
ゲームをして盛り上がるでしょう。

ゲームの中でも一番盛り上がるものと言えば、やはりビンゴでしょう。
ビンゴなら誰にでも当たるチャンスがあるので全員が参加して
楽しい時間を過ごすことができます。

ただ景品がつまらないとせっかくのビンゴがイマイチ盛り上がらなかったという
結果になってしまうこともあるので、景品選びは慎重に行わなければなりません。

ビンゴの景品選びに困ったときは、定番グッズが揃ったセットを
注文しておくことをおすすめします。

つくる

予算に応じて選ぶことになりますが、目玉となる景品は旅行券や商品券、
テーマパークのペアチケットなどから選ぶといいでしょう。

旅行券や商品券は受け取った本人が自由に使えますから、
休暇を利用して旅行に行きたいときにも使えますし
ショッピングの際にも使えて便利です。

テーマパークのペアチケットに関しては、遠い場所にあるテーマパークではなく
近くて行きやすい場所を選びましょう。

二次会の景品で手作りの是非は?

スタッフの英気を養うためには、福利厚生と
イベントの充実が必須です。

飲み会や週末のバーベキューも大事ですが、クリスマスパーティーや
忘年会の充実が大事です。

そして単純にわいわいがやがやと騒ぐだけではなく、
アットホームなビンゴ大会の開催も重要でしょう。

ビンゴなら、スタッフはもちろん、その家族や近隣住民の子供たちも参加出来ます。

特に知識や実力も要らず、宝くじ感覚で運試しが楽しめます。
そしてビンゴ大会の景品に関してです。

賑やかな

基本的に企業の二次会などの景品は、お店で買って準備します。
高価な家電やPC、タブレット、オーディオ機器、ゲーム機、スイーツ等が
用意出来るのが利点ですが、少し味気ないのが難点かもしれません。

上位の景品はそういった既成品がオススメですが、下位の製品は
手作りのアイテムを据えてみましょう。

手作り

ハンドメイドの携帯ストラップ、ビーズアクセサリー、シルバーアクセサリーを
景品にすればアットホームな雰囲気が出来ますし、既成品と手作りアイテムの
両方を設ければ、プレゼントにメリハリが付けられます。

二次会景品にあるとよい電化製品

楽しい二次会

二次会景品では、よく食べ物やチケット類が用意されることがありますが、
電化製品というのも結構用意されることがある二次会景品です。

ちなみに、具体的にどういった電化製品が用意されることが
あるかですが、よくあるのが掃除機です。

ただし、掃除機といってもオーソドックスなタイプではなく、
ロボット掃除機などインパクトのあるタイプの製品です。

こういったものだと二次会の明るい雰囲気にピッタリだと言えるでしょう。

盛り上げたい

また、掃除機なら年中使用するものですから、どの時期の二次会でも
違和感がなくて良いと言えます。

その他の電化製品で二次会景品として向いているものといえば
扇風機ですが、これもありきたりなタイプでは、盛り上がりに欠けるものです。

二次会景品として向いているのは、羽なし扇風機のように、
やはりインパクトがあるタイプです。

二次会景品では、持っていないものが当たると嬉しいものですが、
こういったタイプの扇風機であれば、誰もが持っているものでは
ないでしょうから、向いていると言えるでしょう。